読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南の風にのせて

デジタルガジェット、サイクリング、ワイン・DIY・家庭菜園ネタを湘南から情報を発信!!

スポンサーリング by Google AdSense

2016 新型フリード 新旧比較!! フルモデルチェンジしてもやっぱり「ちょうどいい」

DIY お出かけ

 フルモデルチェンジする新型フリード(9月16日発売開始)が配車されているという話をききました。新型フリードの進化しているところや車中泊に使えそうかどうか見せていただきました!!

 フロントマスクはステップワゴンのようになりました。運転席周りは旧型とはだいぶ変わりました。大きさはフリードらしく「ちょうどいい」大きさです。旧型と同じく人気車種になるでしょうか!?

f:id:vent-de-shonan:20160912110928j:plain

 

  

フロントマスク

 私がいつもお世話になっている湘南地区にあるホンダカーズ中央神奈川 辻堂店です。青の新型フリードがありました。発売開始一週間前には内覧会が開催されました。 

 エンジンルームが大きくなったのでしょうか。フロントの流線形が弱くなっています。どっしりした精悍なフロント周りです。ステップワゴンそっくりのフロントマスクとなりました。

 

 燃費

・旧型 ガソリン車 16.6km/l、ハイブリッド車 24km/l

・新型 ガソリン車 19km/l、ハイブリッド車 27.2km/l

  ※燃費は一例。燃費は年式、仕様によって変わります。

 エンジンの改良や制御の進化により、燃費がよくなっています。高速道路の割引が小さくなってきているので、燃費がよくなりガソリン代が減るのはうれしいですね。

f:id:vent-de-shonan:20160912110449j:plain

 

運転席周り 

 これはフリードか!?初代(旧型)フリードにあった運転席周りの解放感がなくなっています!! 助手席のフロント部には荷物が置けるようになっていますが、旧型の解放感に慣れてしまうと、ギャップを感じます。

 スピードメーターはデジタルのようです。安全運転支援システム搭載車では、運転状況(各種支援システムの有効・無効状態)も表示されるとのことです。

 シフトレバー・オートエアコン・カーナビ周りはスタイリッシュになりました。

f:id:vent-de-shonan:20160912110426j:plain

 

 旧型の運転席。解放感がだいぶ違います。インテリアは好み次第ですかね。新型のほうが明らかにスタイリッシュではあります。

f:id:vent-de-shonan:20160912110457j:plain

 

フロントガラス

 バックミラーの横センシング用カメラが装着されていました。これとフロントグリル横についているミリ波レーダーを使うことで、各種安全運転支援システムが機能します。

 アダプティブクルーズコントロールは、高速道路では自動的に速度コントロールを行い、車線を認識して自動で曲がってくれるようです。自分の意志で車線変更したいとき、ウィンカーを出さないと、ハンドルを戻そうという力が働くとのことでした。自動運転の仕様に慣れるまでは、思った通りに運転できないかも(^^♪

 衝突を防止するような機能もあるようです。もしものときに、役にたってくれそうです。

 運転が安全&楽になり遠出(車中泊)の機会が増えそうです!!

 

 バックミラーの上側には車内確認用のミラーがついていました。運転席・助手席から後部座席を簡単にチェックできます。うちの旧型フリードはフロントガラスに100均の鏡をつけていました。子育て夫婦からの要望でしょうか。

f:id:vent-de-shonan:20160912110519j:plain

 

セカンドシート

 3列6人乗り仕様と、3列7人乗り仕様で、2列目のシート仕様が大きく変わります。シート間隔ですが、旧型と比較し、新型は7cm広がっているとのこと。2列目以降も足を延ばすことができそうです。

f:id:vent-de-shonan:20160912110423j:plain

 

 2列5人乗り仕様のフリードプラス(FREED+)では、フラットベッドオプションがありそうですね。 6人、7人が乗ることがないなら、こちらの仕様が便利ですね。

f:id:vent-de-shonan:20160912220647j:plain

 

 新型フリードには2列目窓にサンシェードがついています。下から引っ張りあげ、上に引っかけます。旧型の2列目の窓は紫外線防止ガラスだったと思います。サンシェードの要望があったのでしょうか。車中泊のときの目隠しには使えそうですが。

f:id:vent-de-shonan:20160912110510j:plain

 

リアゲート

 旧型と同じく、上側に跳ねあがります。リアゲートが大きいので、後方スペースが必要です。開口部(特に下のほう)が広がり、荷物が積み込み安くなっています。

 3列目シートは旧型と同じように、手で跳ね上げます。男性の腕の力なら問題になりませんが、多少の力が必要です。

 

車内空間

 車内高さですが、旧型より新型のほうが高くなっているような気がしました。

 2列目のスライドドアの内側がすっきりしました。その分、車内が広く感じました。

f:id:vent-de-shonan:20160912110416j:plain

 

 旧型フリードの開口部下部は狭まっている。ここに小物を置いておけたりするので、不便なことはなかったです。

f:id:vent-de-shonan:20160912110443j:plain

  

最後に

 新型となり、燃費・安全性能が進化したフリード。特に安全運転支援システムは未来を感じる機能となっているようです。うちのフリードは旧型になってしまいましたが、外観・内観ともしっかり作らており、まだまだ古さは感じません。うちの旧型フリードが走ることができなくなるまで乗り続けようと思っています。

 今週末から新型フリードが発売です。今回もきっと人気が出ることでしょう。早めに手に入れたい人は、さっそく今週末にディーラーへGOです。

 

おまけ

 車中泊ベッドに興味がある方はこちら!!

 

 フリードに乗りたくなりましたか?愛車は一括査定でお得に乗り換え!!

スポンサーリング by 楽天オート

お問い合わせはこちらまで。(avec.vent.de.shonan@gmail.com)

スポンサーリンク by Google AdSense

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
コンピューター、自転車のカテゴリーのブログはこちらにも。

スポンサーリンク by Amazon