読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南の風にのせて

デジタルガジェット、サイクリング、ワイン・DIY・家庭菜園ネタを湘南から情報を発信!!

スポンサーリング by Google AdSense

ロードバイクをスマート(滑車)に保管(吊るす)!!

DIY サイクリング

 ロードバイクを購入するうえで悩むのが保管場所ですよね。盗難の危険がある屋外は無いとして、室内(玄関・リビング・部屋)といっても自転車は意外とかさばり、家族の不満の元になることは多いでしょう。

 スマートに保管する方法としてサイクルスタンドがありますが、我が家ではできるだけ高い位置に保管しておきたく、ロードバイクを玄関に滑車で吊るす方法をお選びました。人の出入りの邪魔にならず、玄関のオブジェクトしてもいい感じです(^^♪ 

f:id:vent-de-shonan:20160306092952j:plain

 

 

市販のスタンド/フック

 自転車スタンドはミノウラから手ごろな価格で発売されています。

 壁を傷つけることなく自転車を保管できるスタンドとしては、下記があります。複数のロードバイクの保管が可能。壁に立てかけるだけなので賃貸マンションの廊下には最適!! 約8500円

 

 壁・柱にフックを釘づけできるなら、ずっと安く済みます。こちらもミノウラから発売されていて約2300円。ロードバイクを重さを考えると、丈夫な壁・柱が望ましいです。 

 

ディスプレイスタンド(ハンガー)の自作

 うちの玄関は内扉(引き戸)があったり壁の強度があまりなかったりなので、バイクハンガーの取り付けは厳しいそうでした。ディスプレイスタンドは足元が邪魔になりそうなので乗り気にならず。

 ある程度高い位置に吊り上げられれば、人の出入りの邪魔にもならず、格好良くかなと思いました。 

f:id:vent-de-shonan:20160306093020j:plain

 

 天井から吊るすには柱・梁が必要になります。2x4住宅なので、45cm間隔で梁は通っていそうでしたが、写真のようにイレクターで四角い枠を作り、木片で固定しています。 

f:id:vent-de-shonan:20160320153909j:plain

 

 太さ6mmぐらいの紐の端をイレクターに結び、写真のように滑車に通します動滑車の仕組みを使うことで、ロードバイク引き上げに必要な力は半分になります。ロードバイクの重さが8kg前後ですので、4kgの力で済みます。

 滑車は平塚のユニディで購入。1つ400円しないぐらいのものです。

f:id:vent-de-shonan:20160320153935j:plain

 

 ロードバイクを引っ張りあげた後は紐を固定する必要があります。4kgの重さの力がかかるので紐はしっかり固定する必要があります。既成のイレクターの部品を使い、紐を引っかける突起を作りました。これで高さ調整を行います。

f:id:vent-de-shonan:20160320153922j:plain

 

 ロードバイクを吊るすには、S字フックを使います。ハンドルステム後輪ホイールの2か所を引っかけます。ハンドルステムと後輪ホイールに傷がつかないように、S字フックに段ボールを巻いてクッション代わりにしています。

 ロードバイクにS字フックを引っかけるとき、ロードバイクを床に置いたままできるように紐の長さを調整しました。※ロードバイクを浮かしながらS字フックに引っかけるのは体力的にも技術的にも大変です。f:id:vent-de-shonan:20160320153942j:plain

 

 自転車がないとき、滑車類はそんなに目立ちません。

f:id:vent-de-shonan:20160306093042j:plain

 

最後に

 既製の自転車ディスプレイスタンドは手ごろな値段で売っています。木片でDIYしても安いと思います。ただ、今回はイレクターを使いましたが、思ったより結構高くついてしまいました。

 吊り下げ方式にしたため、玄関のロードバイクは邪魔にならない高い位置に保管できるようになりました。滑車で引き上げるのは少し手間ではありますが、小さな力で作業できるので便利だと思います。

 それぞれの住宅事情に合わせたロードバイクの保管方法をお試しください~ (^^♪

 

 その他 : ちょっと変わり種。縦置きにも使える商品はこちら(約10000円)

 

お問い合わせはこちらまで。(avec.vent.de.shonan@gmail.com)

スポンサーリンク by Google AdSense

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
コンピューター、自転車のカテゴリーのブログはこちらにも。

スポンサーリンク by Amazon