読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南の風にのせて

デジタルガジェット、サイクリング、ワイン・DIY・家庭菜園ネタを湘南から情報を発信!!

スポンサーリング by Google AdSense

夏の必需品!! CAMELBAKで走りながら水分補給!! - FELT F75

サイクリング お出かけ

 これまでペットボトルをドリンクホルダーに載せて走っていました。これまではそれでも困ることはなかったのですが、これから夏暑くなりますし、なんちゃってタイムトライアルや集団走行のときに走りながら水分補給できたほうが便利です。

 そこでCAMELBAK(キャメルバック)のドリンクボトルを買いました。これは蓋を開ける必要がなく、飲みたいときにボディを押し込めば中身を飲むことができて便利!!併せて携帯ポンプ MAX DNA BLADE RBMを追加!!

f:id:vent-de-shonan:20160726091738j:plain

 

 

これまで

 トップチューブ下のスペースには、ツールケース、ペットボトル、携帯ポンプをつけていました。 携帯ポンプが邪魔してペットボトルの取り出しが手間でしたが、自転車を止めての作業だったので、特に問題ありませんでした。

f:id:vent-de-shonan:20160723181818j:plain

 

現在

 CAMELBAKは思ったより大きく、これをつけると携帯ポンプがつけられませんでした。以前、三浦半島一周したときにタイヤ(チューブ)がパンクしたことがあり、携帯ポンプ無しで走りにいくのはちょっと怖いです。

 携帯ポンプの特集をサイクリング雑誌で以前していたので、それを参考に手ごろなものを購入して、シートポストにつけました。

f:id:vent-de-shonan:20160723181848j:plain

 

ドリンクボトル

 ボディを押し込むと勢いよくドリンクが飛び出すキャメルバック。口をつけて吸わなくても、ドリンクが飛び出すので水分補給ができます。(口をつけて吸ってもよい)

 弁がついており不用意にドリンクがこぼれたりすることはありません。他のドリンクボトルのように蓋を開けるという作業が不要です。

 ある程度まとまった量のドリンクを飲みたい場合、ボディを押し込むのに力が 多少必要です。

 2000円しないぐらい。  

  

 CAMELBAKのドリンクケースに変えたところ、TOPEAKのドリンクケージではちょっときつかったので、1000円しないzefalのものに交換。

 CAMELBAKを斜めから出し入れ可能で使い勝手良し。

携帯ポンプ

 雑誌の特集では結構な空気圧まで入れられると紹介されていましたが、blogなどみていると高圧まで入れるのは困難そうです。適正空気圧まで空気を入れるのはCO2インフレ―ターを使うとして、チューブ交換のための最低限の作業は問題なさそうです。

 口金にはホースがついており、タイヤチューブのバルブをつなぎやすいです。口金にはネジが切られており、確実に固定できます。

 12cmのものはツールケースに入るようですが、サドルポストにつけるので大きさにはこだわらず18.5cmの方を選択。(ツールケースは満杯で携帯ポンプは入らない。)

 2500円ぐらい。

f:id:vent-de-shonan:20160727073350j:plain

 

CO2インフレーター

 まだ使っていませんが、思ったよりタンクが大きかったです。ツールケースは満杯で入らなかったので、サドルバックに入れています。

 レビュー記事を見てみると、機能的には問題なさそうです。

 タンク2本がついて1600円。 

 

最後に

 CAMELBAKがあると、走りながら水分補給ができて便利です!!

 あまりお世話になりたくはありませんが、突然のパンクに対応するために、いつも一式持って行っています。ツールケースが満杯なので、もう少し大きなツールケースに興味がでてきました!!

 

お問い合わせはこちらまで。(avec.vent.de.shonan@gmail.com)

スポンサーリンク by Google AdSense

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
コンピューター、自転車のカテゴリーのブログはこちらにも。

スポンサーリンク by Amazon