読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南の風にのせて

デジタルガジェット、サイクリング、ワイン・DIY・家庭菜園ネタを湘南から情報を発信!!

スポンサーリング by Google AdSense

大晦日に壊れたIHクッキングヒーターを自分で交換!! パナソニック KZ-F32AST - DIY

DIY グルメ

 家を建ってから早10年、IHクッキングヒーターがついに壊れてしまいました~!! それも大晦日に!! IHクッキングヒーターは自分で取り換えできそうなことをブログで見つけたので、ネットで購入し、自分で交換してみました!!

 価格が手ごろであったパナソニック KZ-F32ASTを購入しました。家電量販店で購入・取り付けをお願いすると下位グレードでも10万円以上と結構な値段になります。通販+DIYであれば、半額以下で交換することができます。

f:id:vent-de-shonan:20160103142315j:plain

 

 

IHクッキングヒーター、故障

 大晦日の夕方、IHクッキングヒーターが動かなくなりました。主電源を押しても反応なし。突然の故障でした。

 IHクッキングヒーターのスイッチパネルを引き出してみましたが、コネクターが外れている様子も無し。10年も使っていたので、基盤のどこかが壊れたのかなあ。

 故障かどうかメーカーにみてもらうにしても年末年始ではいつになるか分からない。故障であっても、部品交換、工賃で4万円以上はきっとかかることでしょう。 そんなとき、IHクッキングヒーターを自分で交換しているブログを見つけました。IHクッキングヒーターも安いものであればネットで4万円程度とのこと。さらにアマゾンプライムであれば翌日に届く。であれば、アマゾンで購入して自分で取り付けるしかないでしょう!!

f:id:vent-de-shonan:20160103142131j:plain

 

古いIHクッキングヒーターの取り外し

 最初にIHクッキングヒーターのブレーカを落とします。さらにIHクッキングヒーターのコンセントを抜きます。

 次に、古いIHクッキングヒーターの前面パネルを外します。カバーを手で外したあと、4か所ほどねじを外し、パネル類を全部外します。さらに、前面1か所上部1か所固定用部品があったので、これらのねじも緩めます。これで固定している部品はなくなりました。

 あとはIHクッキングヒーターはキッチンの天板にひっかかっているだけです。下側から力を加えると持ち上がりました。

 IHクッキングヒーターを取り除くと下記のようになります。560mm x 460mm の取り付け穴が現れます。(IHクッキングヒーター 60cmサイズの規格の穴です。) 

f:id:vent-de-shonan:20160103142211j:plain

f:id:vent-de-shonan:20160104093444j:plain

 

購入@amazon

 価格comで60cmサイズのIHクッキングヒーターを探したところ、以下の3つが候補にあがりました。

  • パナソニック KZ-F32AST 37000円@amazon
  • 三菱電機 CS-G32MS 38000円@amazon
  • パナソニック KZ-V163S 100000円@amazon

 上側2つはグレードの低いもので、一番下の上位グレードとなると10万円前後かかってしまいます。グレードが低いといえども、2つのIH+魚焼きグリル (+使うことのないラジエントヒーター)がついていますので、機能的には十分と判断しました。

 三菱は魚焼きグリル(水無しでok, パナは水が必要)が便利そうでした。パナソニックは光火力センサー(焦げ付きを検知して過熱を止めてくれる)が便利そうだったので、パナソニックにしました。

 購入前にメーターWebサイトから設置説明書をダウンロードし、取り付け可能なことを確認しました。(といっても、キッチンに空いた穴の寸法ぐらい。規格モノですしね。)

 amazonプライムで1/1に注文1/2昼過ぎに商品到着しました。

 

  

 f:id:vent-de-shonan:20160103142306j:plain

 

新しいIHクッキングヒーターの取り付け

 新しいIHクッキングヒーターを上からはめ込みます。20kg近くあるので、大人二人がかりでそっと作業しました。

 現在のモデルはトッププレートとグリルが一体となっており、はめ込むだけで済んでしまいます。昔のタイプだと、トッププレートとグリルが別々になっていたりして、取り外しが大変なことがあるようです。

f:id:vent-de-shonan:20160103142315j:plain

 前面と上部の固定部品でIHクッキングヒーターがずれないように固定します。さらに前面パネルをねじで固定します。最後にコンセントをさして、ブレーカーを元に戻せば完了です。

上部の固定ねじf:id:vent-de-shonan:20160104093653j:plain 前面の固定ねじf:id:vent-de-shonan:20160104093629j:plain

f:id:vent-de-shonan:20160103142308j:plain

 効果があるか分かりませんが、縁カバーを付けました。レビューにあるように吸着力自体は弱いです。縁に押し込むようにすれば、剥がれたりしないようです。取り付けには少しコツがいります。 

東洋アルミ フレームカバーNEW60cm用 2416

東洋アルミ フレームカバーNEW60cm用 2416

 

 

動作確認

 IHクッキングヒーターの主電源をいれ、コンロのスイッチをオンします。無事にお湯が沸きました!!

f:id:vent-de-shonan:20160103142320j:plain

 

最後に

 大晦日に壊れたIHクッキングヒーター。修理するにしろ、業者に交換を頼むにしろ、何日かかるか分からない。それでは正月が終わってしまう。

 amazonプライムで注文した商品が翌日に届き30分ほどの作業でIHクッキングヒータの交換が終わりました。おかげで40時間ほどコンロが使えない時間がありましたが、無事に正月を過ごすことができました!!

 

 

お問い合わせはこちらまで。(avec.vent.de.shonan@gmail.com)

スポンサーリンク by Google AdSense

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
コンピューター、自転車のカテゴリーのブログはこちらにも。

スポンサーリンク by Amazon