読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南の風にのせて

デジタルガジェット、サイクリング、ワイン・DIY・家庭菜園ネタを湘南から情報を発信!!

スポンサーリング by Google AdSense

冬になる前に結露・室温低下対策!! 二重窓インプラスの取り付け(DIY)!!

DIY

  秋が深まり紅葉がきれいな時期になりました。そして、だんだん寒い日が多くなり、冬が近づいてくるのを感じ始めています。

 冬になると、室内と室外の温度差が大きくなり、窓が結露していました(複層ガラス窓なのに...)。毎朝、窓の冷たい水滴をタオルでとるのが大変でした。また、リビングは掃き出し窓になっていますが、この掃き出し窓から伝わる冷気で、朝方になると部屋が冷え冷えとして困っていました。

 これら問題を解決すべく導入した2重窓 インプラスの取り付けについて紹介します。

f:id:vent-de-shonan:20151118073604j:plain

 

 


二重窓 インプラスについて

 LIXILから発売されているインプラスという製品で、サッシ・窓がセットになっています。これを自分で既存の窓の内側に内窓として追加します。既存の窓と追加した内窓間の空気の層が、断熱層として働きます。北海道などの寒い地域でよく使われている方法です。この窓と窓に挟まれた空間は体積が大きく隙間がないため、断熱効果が非常に高いです。

 YKK APの二重窓の商品はプラマードUといいます。ほとんど同じようですが、細かい部分に違いがあります。窓枠のサッシ奥行が短くて済むのがインプラスだと思います。(それを判断材料にうちはインプラスを選んだはず。)

効果

 寝室に導入しましたが、二重窓の効果は高く、窓はほとんど結露しなくなりました。また、布団に降りてきていた窓からの冷たい空気がなくなり、寝やすくなりました。さらに、防音効果もあり、国道1号線・電車の音が気にならなくなりました。

 

寸法

 インプラスは個々の窓枠の大きさに合わせて出荷される、オーダーメイドの窓です。ですので、ほとんどの窓枠に対応することができます。

 二重窓として既存の窓の内側に取り付けるので、窓枠の奥行がある程度ないとダメです。最近の住宅であれば、インプラスを取り付けることができる奥行があると思います。ただ、古い住宅だと窓枠の作り次第では奥行が足りないかもしれません。奥行が足りない場合、ふかしという奥行を長くする枠を取り付けて対応します。

 寸法ですが、まずは、窓枠4辺の長さを図ります。各辺に対し、手前側、奥側の2点で計測します。手前と奥で長さが違うことがありますが、短いほうが寸法になります。と思ったら、販売業者ごとに測定する箇所が少しずつ違うみたいです。詳しくは販売業者のホームページを見てください。

 ここで計測した長さに対し、メーカーでは数mm短いサイズで窓を作ってくれます。(メーカーが数mm小さい窓を作るといっても、サッシがあるので隙間はほとんどできません。)

f:id:vent-de-shonan:20151124080201j:plain

 

購入

 通常のサイズの窓であれば3万円しないぐらいだと思います。ただ、リビングの掃き出し窓のようにサイズが大きくなってくると10万円を超えてしまいます。窓ガラスが

の単層・複層やガラスの厚さなどで値段が変わります。うちは複層ガラス3mmです。

 商品を買うには、窓枠より大きなサイズの商品を選択します。値段はその商品のものが適用されます。ショップからサイズ確認のメールが来るので、計測したサイズを連絡することになります。いびつな形の窓だと、高くなってしまう可能性があります。

  以前に二度ほど購入したお店は楽天市場の「おうちの材料」です。価格が安く、質問にも丁寧に答えていただけました。「おうちの材料」は現在では楽天市場では販売しておらず、amazonで発売しているみたいですね。(どうしたのでしょう?)

  楽天市場のお店のほうがインプラスについて窓枠測定方法など詳しくかいています。例えば下記など。

 

取り付け 

 インプラスの取り付けで必要なのは、ドライバーと電動ドリル程度です。ガラス窓を持ち上げるので、ある程度筋力も必要かもしれません。(^^♪

 以下の写真は窓枠側面のサッシ。このサッシを取り付けにはネジを使うのですが、下穴を空けておかないとネジが閉まりません。窓枠全体で10か所近く穴をあけるので、電動ドリルが必要になります。電動ドリルはホームセンターでレンタルすることもできるようです。

f:id:vent-de-shonan:20151124080038j:plain

 既存の窓のサッシと窓枠までの奥行は68mm。追加でふかしを取り付けることなく、ぎりぎりでインプラスが取り付けられました。インプラスの奥行は67mmらしいので、既存窓のサッシとインプラス用のサッシとの間に1mmほど隙間ができました。

f:id:vent-de-shonan:20151124080056j:plain

 インプラスの寸法は以下で確認できます。

引違い窓 | 図面・寸法 | 詳細情報 | インプラス | リフォーム | 窓・シャッター | Biz-LIX(ビズリク)

 

 既存窓のクレセントが長く、インプラスの窓に干渉するため、短いクレセントに変えました。プラスドライバーがあれば交換できます。クレセントの交換にはコツがいります。失敗するとクレセントがくっつかなくなるので、注意が必要です。"クレセント交換”で検索してみてください。

f:id:vent-de-shonan:20151124080142j:plain 

 

 壁とインプラスのサッシの面を合わせました。壁とインプラスに一体感があり、二重窓であることが気になりません。

f:id:vent-de-shonan:20151124080159j:plain

 

最後に

 多少窓が開けにくくなりますが、視界の透過性を妨げることなく、結露防止・寒さ対策・防音にも効果があるインプラスは導入の価値ありです。DIYで自分で取り付けられるので、まずは一番対策したい窓にインプラスを取り付けて、効果を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

お問い合わせはこちらまで。(avec.vent.de.shonan@gmail.com)

スポンサーリンク by Google AdSense

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
コンピューター、自転車のカテゴリーのブログはこちらにも。

スポンサーリンク by Amazon